カネコテツログ

朝の異業種交流会の1周年記念パーティーを行いました。

いつも読んで頂きありがとうございます。
株式会社TCEの金子徹郎です。

さて!

 

先日僕が所属している、
朝の異業種交流会の1周年パーティーを致しました。

BNI FORYOUチャプター1周年記念

総勢120名越えの、
1周年には相応しいイベントとなりました。

この集客力もチームワークがあるから、
成せる事でした。

 

 

体系化された紹介の仕組み

仕事の「紹介」に焦点を当てて、
31年の歴史の中で仕組みとノウハウがあり、
常にその精度を上げていっているのがBNIです。

 

BNIの理念が

「Givers Gain(R)(ギバーズゲイン)」
「与える者は与えられる」

という理念です。

 

与える者同士が集まるから、
この仕組みは成り立つと思います。

40名を超えると、
劇的に紹介が増えるという、
統計データもあります。

31年間常に進化し続けている、
団体だから効果が高いのだと感じています。

 

 

ビジネススキルの向上

僕自身の話ですが、法人化してからは、
紹介だけでビジネスが回っていました。

ですので、東久留米に籠っていても、
特に問題はなかったです。

 

しかし、久しぶりにリアルの場に出て、
自分のプレゼンスキルや営業スキルが、
劇的に落ちていたのがびっくりしました(^_^;)

 

BNIに入ってからは、
ビジネススキルをトレーニングする場があったので、
段々とプレゼンスキルが向上していきました。

だから、紹介も可なりの数を、
頂けるようになっていきました。

 

 

世代を超えた専門家の仲間を得れる

世代を超えて、
各業界の専門家の仲間を得れるのも、
大きな産物です。

 

僕自信はWeb業界なので、
色々な業種の方とお仕事はしました。

しかし、一人一人の専門家の方々との、
信頼構築の中で得れる絆は、
とっても大きいです。

だから、
自信を持って紹介できると思います。

そして、

「僕」=「色々な専門家の人脈がある」

と認知される事で、
僕自身もクライアントに提供できる事が増えて、
ビジネス面でも大きなプラスになります。

 

最後に

結果の出ている方は、
常に先に与え続けています。

 

僕自身、「自分事」で一杯で、
それが中々出来なかったです。

でも、BNIを通して約一年弱走らせて頂き、
ちょっずつですが、その感覚が分かってきました。

 

もしあなたが、
もっと大きな成果を掴みたい!
と感じていらっしゃっていたら、

一度見学会参加の
お問合せをしてみて下さい☆

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

  1. カネコテツログ

    感謝

    本当に吐血しても踏ん張ってきて良かった!新宿のど真ん中でぶっ倒れて救急…

  2. 花見のご報告と花見というキーワードから見えてくるデータ

    カネコテツログ

    花見のご報告と花見というキーワードから見えてくるデータ

    いつも読んで頂きありがとうございます。株式会社TCEの金子徹郎です。よ…

  3. カネコテツログ

    仮説と実行と検証

    弊社のFacebookページが面白数字になってきた。これは今ムーブメン…

  4. カネコテツログ

    ビックワードで上昇させて分かる真実

    現在弊社が運営しているサイトですがビックワードで遂に3位になりました。…

  5. カネコテツログ

    Kindoleが電子書籍を一気に普及させる予感

    Kindleって、タブレット販売のみだと思っていた僕(・・;)でも、ア…

  6. 身近な人へのサプライズがビジネスに繋がる4つポイント

    カネコテツログ

    身近な人へサプライズがビジネスに繋がる4つポイント

    いつも読んで頂きありがとうございます。株式会社TCEの金子徹郎です。&…

カテゴリー

  1. カネコテツログ

    【3.11 form japan】
  2. 「小資本」「小読者」で、 高額商品を公成約率で成約した手法を、 完全公開と解説!

    カネコテツログ

    「小資本」「小読者」で、 高額商品を公成約率で成約した手法を、 完全公開と解説!…
  3. 公式に発表されたGoogleランキング要素のTOP3

    カネコテツログ

    公式に発表されたGoogleランキング要素のTOP3
  4. 安心できる格安コーディングの代行・外注「CODING WORKER」

    カネコテツログ

    WEBクリエーター様・制作会社様向けの 新サービスのリリースのお知らせ
  5. カネコテツログ

    【お金という手段】
PAGE TOP